【YouTube】投資家の名言・相場の格言聴き流し

もはや、ブルーカラーもホワイトカラーも関係なく仕事を失う時代が到来し、人々は暇を持て余す時代が到来する!人間はどう生きてどう死ぬのか?

その他

皆さんこんにちは、今日は「AIやロボットの台頭による、人々の仕事の喪失と人間の生きる意味について」お話ししたいと思います。

失われる人々の仕事

世界的に進化したAIとロボット技術により、倉庫でのピッキングや生産ラインでの部品のセット、パッキングなど、単純作業を行う人間の仕事は、次々に失われてきています。

また、管理職やビジネスマンなど、高い能力が求められる職業でも、エキスパートシステムによる自動化やデジタルツールによるコミュニケーションの効率化などもあり、役割が変化しています。

その結果、従来のホワイトカラー職業とともに、ブルーカラー職業の人々も失職する時代が来ました。

さらに、これまでなかったような高度な知能・判断力を持ったAIが登場し始めたことで、今後さらに専門職の人々も失業する可能性が高まっています。

いずれにしても、人々は減少している雇用の枠内で、ますます激しい競争を強いられるわけです。

暇を持て余す人々

「暇をもてあます時代」が来るといわれ、人々は、これまで自分がやりたかった、自分の人生に対する熱い思いに向き合うことができる時間が増えるのかもしれません。

反面、生計を立てることがおろそかになり、生きがいを見失っては日々を過ごすことが、さまざまな問題を引き起こすことも考えられます。

このように、AIやロボットによって失われる仕事に起因し、人々は新しい生存戦略を模索しなければなりません。

そこに生きる意味や目的を見出すことが必要です。私たちが働くことには、消費財やサービスを生産し、ともに貨幣経済に貢献するという社会的役割があります。

しかし、働き方や生き方についての哲学的関心が高まり、社会的要請のなかで、私たちは生涯学習や地域社会活動など、より自分自身を実現する取り組みに関心を持ち始めています。

個人的な興味や情熱を追求し、人間らしい幸福を追求することは、AIやロボットに代替することができないことです。

私たちは、自身の存在や人生の意味を再考し、様々な問いに向き合いながら、一人ひとりが自己実現を目指すことが必要でしょう。

bookfan 2号店 楽天市場店
¥968 (2023/08/10 14:09時点 | 楽天市場調べ)

まとめ

以上、AIやロボットによる仕事喪失と人間の生きる意味についてお話しました。

私も、今後この問題を突き詰め、まとめていきたいと思います。

皆様も、仕事を失った時の自分自身の生きる道について、一度考えてみてください。それでは、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました