【YouTube】投資家の名言・相場の格言聴き流し

その投資何かに影響されてない?|投資家が陥る認知バイアス6選

投資

こんにちは!今回の記事では、投資において認知バイアスに陥ることがどのような影響をもたらすかについてご紹介します。

投資家が陥りがちな認知バイアスとは何か、その具体的な例とともに見ていきましょう。

確証バイアス (Confirmation bias)

確証バイアスとは、自分自身の信念を支持する情報を過剰に重視し、その逆の情報を無視する傾向があります。

投資家がこれに陥ると、自分の意見に合わない情報を見落とし、偏った投資判断を行うことになります。

帰属の歪み (Attribution bias)

帰属の歪みとは、自分自身の成功を内因的な要因に帰属し、失敗を外因的な要因に帰属する傾向があります。

これによって、投資家は自分自身の成功に高い評価を与える一方で、失敗を受け入れることができず、同じような失敗を繰り返す可能性があります。

損失回避の傾向 (Loss aversion bias)

損失回避の傾向とは、損失を回避するために、過度にリスク回避的な投資をする傾向があります。

これによって、投資家は利益を得る機会を逃し、長期的に見て投資の収益率が低下する可能性があります。

プレゼンテーション効果 (Presentation effect)

プレゼンテーション効果とは、情報の提示方法によって判断が歪む傾向があります。

たとえば、同じ情報でも魅力的に見せるプレゼンテーションによって、投資家はその情報を過剰に評価することがあります。

負の報酬期待の影響 (Negativity bias)

負の報酬期待によって、過剰にリスク回避的な投資をする傾向があります。

たとえば、投資家が株価の下落を予想している場合、その予想に基づいて投資判断を行い、利益を逃すことがあります。

選択的注意 (Selective attention)

選択的注意とは、自分自身の関心のある情報にだけ注意を払い、それ以外の情報を無視する傾向があります。

これによって、投資家は市場全体の状況やトレンドを見逃し、偏った情報に基づいて投資判断を行うことがあります。

まとめ

これらの認知バイアスが投資家に与える影響は深刻です。投資家は偏った情報に基づいて判断を下し、その判断が実際の市場動向と異なる場合、大きな損失を被る可能性があります。

また、認知バイアスに陥ることで、投資家は市場全体のトレンドを見逃し、大きなチャンスを逃すこともあります。

認知バイアスを回避するためには、客観的な情報を収集し、複数の視点から分析を行うことが重要です。

また、自己反省や過去の投資判断の振り返りを行い、自分自身の認知バイアスに気づくことも大切です。

投資家は、常に客観的な視点を持ち、冷静な判断を下すことが求められます。

関連書籍

楽天ブックス
¥1,980 (2024/02/16 22:39時点 | 楽天市場調べ)
紙書籍
¥1,540 (2024/02/23 00:29時点 | 楽天市場調べ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました