ジェイコム男 BNFの名言から学ぶ投資の本質

名言

こんにちは!今回はジェイコム男で有名なBNFの名言から株式投資の本質を紐解きます。

BNF氏は別名ジェイコム男と呼ばれている天才投資家で、「ジェイコム誤発注事件」で一躍有名になりました。

2008年頃には資産が200億を突破したとも。

【10分de名言】J:COM男BNFの名言

暴落した日本株に興奮

「暴落した日本株を見て興奮しました。各銘柄がどれも安く買える。嬉しかったですよ。11月4日に大統領選を控えていたので、ある程度元に戻すだろうと思っていました。」

暴落した日本株に興奮した理由

BNFは、日本株価が急落したことに興奮しました。

これは、株価が下落した結果、各銘柄が安値で取引されるようになったためです。

彼はこれを「買いのチャンス」と見なし、安く買える状況に喜びを感じたのです。

彼は、株式市場において安値で購入することは、将来的に利益を上げるための好機であると認識していたようです。

大統領選挙と株価の関連性

BNFは、11月4日に控えていた大統領選挙が株価に影響を与える可能性があると考えていました。

大統領選挙は政治的なイベントであり、その結果や政策の見通しは市場の不確実性を引き起こすことがあります。

BNFは、このような不確実性を踏まえて、大統領選挙の結果が株価に一定の影響を与えると予測していたようです。

株価の元に戻る期待

BNFは、大統領選挙前後に日本の株価がある程度元に戻るだろうと予測していました。

これは、彼が株価の一時的な下落を予測し、その後の相場の回復を期待していたことを示しています。

彼は、大統領選挙に関連した不確実性が解消されることで、市場の安定化や投資家の信頼感が回復し、株価が再び上昇すると予想していたのかもしれません。

総括すると、BNFは市場の変動や機会を見極め、株価の予測と投資判断を行う上で、急落した株価に興奮し、大統領選挙の影響を考慮して株価が元に戻ることを期待していたと言えます。

短期売買の難しさ

「短期売買ってその時の精神状態にすごく左右される。利益を出していれば簡単に損切りできるけど、大損した後に損切りするのはすごく難しい」

BNFのこの名言は、短期売買(トレーディング)において、トレーダーの精神状態が非常に重要であり、取引の結果に大きな影響を与えることを表しています。

具体的には、利益を出している場合は損切りが比較的容易であるが、大きな損失を被った後に損切りすることは非常に難しいと述べています。

利益を出している場合の損切り容易性

BNFは、利益を出している場合、トレーダーは比較的簡単に損切りを行えると述べています。

つまり、トレーダーが取引で利益を得ている場合は、感情的な負担が少なく、損切りの決断を行いやすい状態であると言えます。

利益が出ている状況では、トレーダーは取引を早めに終了し、損失を最小限に抑えることができると考えているようです。

大損した後の損切りの難しさ

一方で、BNFは大きな損失を被った後に損切りすることが非常に難しいと述べています。

大損した場合、トレーダーは感情的な負荷や心理的なプレッシャーに直面し、判断力や冷静さが失われる可能性があります。

その結果、トレーダーは損失を確定させることをためらい、逆に損失を増大させることになるかもしれません。

このような状況では、損切りの決断を行うことが困難になります。

この名言から読み取れるのは、BNFがトレーディングにおいて、感情の影響を最小化し、冷静な判断を行うことの重要性を認識しているということです。

彼は利益を出している場合には早めの損切りを行うことを容易にする一方で、大きな損失を被った場合には感情的な影響によって損切りの決断を難しくする傾向があることを認めています。

トヨタショックの日

「特に1日損切りが遅れただけで致命的な損失を被るような相場だから、自分としてはとにかく大損しないように心がけました。だからトヨタショックの日もチャート的に中途半端だったから買わなかった。大損すると流れが悪くなって、そこから元に戻すのが大変なんです。」

BNFのこの名言は、特定の相場状況やトレードのタイミングについて述べています。

1日損切りの重要性

BNFは、特に1日での損切りが遅れると致命的な損失を被る可能性がある相場が存在することを指摘しています。

これは、トレーディングにおいて、損失を最小限に抑えるためには迅速な損切りが必要であるという意味です。

相場が逆に動いた場合、損切りを遅らせることで損失が増大し、取り返しのつかない状況になる可能性があるということです。

トヨタショックの日について

BNFは、トヨタショックの日においても、チャート的に中途半端であったために取引を行わなかったことを述べています。

これは、相場のトレンドやチャートの形状などのテクニカルな要素を考慮し、取引の判断を行ったことを示しています。

彼は、相場の流れや条件が自身のトレードスタイルに合わない場合、慎重に取引を選択し、大損を避けることを心がけていたようです。

大損が流れを悪くすること

さらに、BNFは大損を被ると、相場の流れが悪くなり、そこから元に戻すことが大変になると述べています。

大きな損失はトレーダーの心理的な負担を増大させ、取引の判断力や冷静さを損なう可能性があります。

また、大損を回復するには相場の流れが好転する必要があり、それが容易ではないという意味です。

この名言から読み取れるのは、BNFがトレーディングにおいて、損失を最小限に抑えるために迅速な損切りを行い、相場のトレンドや条件に合わない取引を避けることを重視していたということです。

また、大損を避けることで心理的な負担や流れの悪化を回避し、トレードの安定性と持続性を追求していたと言えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました